AGA遺伝子検査

薬剤耐性で薄毛薬は使い続けると効かなくなるのか?

薄毛の治療のためにプロペシアを毎日使い続けていると、大勢がついてしまって、薬の効果がなくなってしまうのか、気になると思います。
プロペシアというのは、男性ホルモンの働きを減少させるもので、毛の周期を得長引かせる効果によって、髪の毛を濃くするタイプの薬であって、発毛させる力はありません。

男性ホルモンの働きを減少させることに効果のあるプロペシアに耐性が出来てしまうというのは考えず楽、一度効果が出れば、ずっとそれなりの効果はあるはずです。

とはいえ、十年以上も使い続けていれば、中には効果が出なくなることもあるかもしれません。

それくらい長期間にわたって使用すれば、効果が薄れることもあるということですので、経済性なども考慮した上で、どれくらい使い続けるのか、医師と相談して判断して下さい。少しずつ減らしていくのも良い方法でしょう。もちろん減らし過ぎるのもいけませんが。

減らし過ぎて、効果がなくなった人は、また元に戻せば以前のような効果が表れることでしょう。その逆で、使い過ぎたからと言って、効果が倍増することはありません。

自分の体質に会っただけの量を長い期間に渡って使い続けることが一番だと思います。
しかし個人差はありますので、その薬を研究している会社でも、耐性がどれくらい出るのかは判断の下しようがないというのが現状のようです。

例えば、耐性が出て、効き目が減少していると自覚されるのでしたら、医師との相談の上、副作用などの悪影響も考慮に入れて、使うのを辞めるのも必要でしょう。

この薬は男性型の脱毛にしか効果がありませんので、それ以外の脱毛に関しては使用を控えて下さい。自分がどのようなタイプの脱毛なのか、調べてから使用して下さい。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問