AGA遺伝子検査

AGAは保険が効くのか?自由診療・保険外診療?

保険が効くのか、効かないのか、厚生労働省によって決定されます。基本的には、病気や怪我など治療以外は保険は効きません。

脱毛症、薄毛は病気だと認められていますが、しかし命の危機を来たすほどのものではないことから、保険は効きません。全ての金額を自ら負担する必要があります。

そう言うわけでAGAの治療は完全に自由診療です。もしこのときに、他の違う病気、、例えば肝機能の病気などが見つかった場合は、保険の適用本位になりますが、それ以外はすべて患者さんの負担です。

保険の効かないAGAの薬のプロペシアは、四週間分で、7000円から一万円が相場となっています。

保険が効かないために、その病院によって、値段の違いがあります。その為、予めどれくらいの金額が必要なのか、無料のカウンセリングなどを使って、下調べしておいてください。

これだけの金額を払うのが大変な人は、中にはフィンペシアという薬を各自で輸入している人もおられます。

この薬はプロペシアと同じような効力がある上、値段は安く済みます。途へ家、副作用の危険がないわけではないので、自分でそれを使用する時はくれぐれも気をつけて下さい。

この薬は男性型の脱毛にしか効力を発揮しないので、毛根の数が少なくなっていく症状や円形脱毛症には効きません。そう言うわけであらかじ目、自分の薄毛がどのようなタイプなのか調べておく必要があります。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問