AGA遺伝子検査

聖心美容外科|毛髪再生外来の評判

聖心美容外科は、プロペシアなどの内服用の薬だけではなくて、診察もお金は必要ありません。診察は無料で、育毛カクテルの頭の皮膚への注射や、再生医療技術など最も先端的で最適な治療を提案してくれます。

他の毛髪再生外来では一般的な内服・外用薬以外の処方も積極的で多彩な治療が受けられるところが聖心美容外科の特徴です。女性の薄毛治療も対応で評判も上々です。

・アボルブを処方
それはフィナステリドよりも効力のある、「デュタステリド」が含まれている飲むタイプの薬です。
アボルブは、英国のグラクソ・スミスクライン社で作られた薬です。最初は前立腺の肥大に悩む患者さんの為に作られていました。

2001年、アメリカ、翌年はヨーロッパで、そして2009年には日本でそれぞれ国の承認を得ていて、全国で290万人もの方が利用しています。
地下5では、この薬の有効成分である「デュタステリド」に、AGAの原因となる男性ホルモンの増殖防ぐ効力があることが判明しました。プロペシアの成分である「フィナステリド」よりも効力があるという研究結果が出ています。

・パントガール
女性の薄毛にも使用可能である。
パントガールには、髪の育てるための栄養素が含まれています。育毛、抜け毛を防ぐことの薬です。
男性の脱げ毛で多いのは男性ホルモンが過剰過ぎて、それが原因で髪の毛が抜ける現象です。しかしそれ以外でも、髪の毛に栄養がいきわたらないことが要因で、抜けが増えるという現象があります。
髪の毛には、「パントテン酸」、「ケラチン」といった、栄養が必要です。普段の食事では摂取することが難しいので、それが簡単に摂取できるのがこの薬なのです。
この薬は、元来、女性のための薬として発明されました。髪の毛が抜ける要因とされている、栄養を補うための薬として開発されたのです。

これは男性でも女性でも関係なく使用可能です。
毛髪を再生させることが可能な因子を注入することによる治療。

・グロースファクター再生療法
グロースファクター再生療法というのは、抜け毛の要因となっている、成長因子が足りないことに忠告することによって開発された技術です。
AGAや、女性の抜け毛でも、その因子が足りないことが原因で、髪の毛が上手く成長できないことが理由です。

この再生療法は、この因子の不足を補って、髪の毛の成長を本来の状態に戻すことによって、男性あっても女性であっても、髪の毛の悩みを解決するのです。

この治療は、これまでの似た療法よりも、多い量の因子を注射していきます。この薬はアメリカの会社が開発して、医療機関だけで使用されています。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問