AGA遺伝子検査

薄毛の治療を途中でやめるとどうなるのか?

プロペシアで薄毛を治療する時に、大切なことが二つあります。

プロペシアを飲むのを辞めればどうなってしまうのか、そのような質問がたくさんあります。

プロペシアは、使っているときにしか効果が出ません。もし効果が出ていても、それを辞めれば、抜け毛の進行は止まらずに、普通は、3カ月から6カ月もすれば効果がすべてなくなってしまいます。

抜け毛を止めたければ、プロペシアを使い続ける必要があります。海の向こうでは10年以上使い続けているという例もあるようです。

その他に、AGA治療の最終的な目標は、患者自らが決める必要があります。たとえば胃潰瘍のときは、胃潰瘍がなおればそれで終わりです。これは医者が診断で決定できることです。

しかしAGAのときはそうもいきません。客観的に髪の毛が増えていたとしても、患者さんが納得していなければ終わりではありません。

抜け毛が減るだけで儲けものだという人もいます。AGAの治療は、その患者さん自身の判断次第なのです。薬を服用する前に、自ら適当な目標を定める必要があるでしょう。

その目標に辿り着けば、それで薬の量を減らすなども必要です。薬を減らしても、効果に変わりがないのか確かめるのです。

二日おきでも問題がなければ、それだけ薬代が浮くことになります。しかし先程言ったように、効果を出し続けるためには、それは難しいかもしれません。

このような様々なことを考慮に入れ続けて、どうすればいいのか考えて下さい。

抜け毛の治療は、最初にカウンセリングがありますが、医者と充分な話し合いができる病院を選んで治療をおこなっていくことをおすすめします。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問