AGA遺伝子検査

フィナステリドを服用したときの男性機能への副作用とは?

フィナステリドが含まれている薄毛の薬には副作用があると言われています。それを使うと、肝機能に影響が出たりすることがあるので注意して下さい。

もし何かの症状が出たら、そぐにそれを使うのをやめるなどする必要があります。

それ以外にも男性の機能に影響があるようです。例えば睾丸に痛みを感じたり、不妊になったり、精鋭が減少したり、濃度が薄くなったり、その他にも性器の形に異常が現れるなど、様々な影響があるようです。

その中の副作用で最も多いのが、性欲の減少1.1パーセント、勃起の機能に問題が出る0.7パーセントなど。このような症状が出たときはすぐに医師に相談して下さい。

その他にも、食欲がなくなったり、倦怠感を感じたりすることもあります。櫛を使うのを辞めれば、それらの症状が一気になくなったということがあるようです。

あるいはフィナステリドを使い続けた結果、乳がんが発症したという例もあり、その因果関係は定かではありませんが、そのようなリポートもあります。

海外での実験では、3047例の前立せん肥大の患者さんを観察したところ、乳がんの発症が4例あったようです。しかしフィナステリドを投与していない方にはそのような例はなかったようです。

これらのリスクを考えやはり医師の処方の元、フィナステリドを服用するほうが安全と言えます。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問