AGA遺伝子検査

薄毛治療1ヶ月後に抜け毛は減らずにむしろ増えた、これは初期脱毛?

AGAを治療するための薬として、世界で最も有名なプロペシアですが、これは医薬品です。

その為に副作用の心配もあります。

プロペシアの副作用というのは、性欲が減少したり、胃に不快感を感じたりするような症状です。その他に、初期脱毛という症状が出ることもあります。

この初期脱毛というのはプロペシアを使っていて、1、2ヶ月はむしろ毛がたくさん抜けてしまうのです。

これは全ての使用者が体験するものではないようです。

ほんの数パーセントだけのようです。

とはいえ、抜け毛を減らすために治療しているのに、逆に抜け始めるなんて、かなり嫌な経験だと思います。

しかしどうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

なぜこのようなことが起きてしまうのか、その理由はまだはっきりしているわけではありません。しかしこの症状は、髪が減るための準備段階のようなものだと考えられているようです。髪の毛は生え始めてから、それが育ち、また抜けて、それからまた新しくはえる準備段階に入る。このようなサイクルを巡っています。

プロペシアを使うと、抜け毛が減って、健康的なサイクルになるために、これまでは得育っていた髪の怪我一斉に抜けるのかもしれません。
これが初期抜け毛です。これは髪の毛が新しく生えるための準備だと思えば良いでしょう。これは実は副作用と呼ぶのは余り正しくないかもしれません。それを証拠に、この症状を経験しても、その後抜け毛が減っているというデータがあります。

とにかくプロペシアを使ったときに現れるこの症状は、あまり心配することないものです。プロペシアを使い続けて下さい。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問