AGA遺伝子検査

AGAの治療薬はどんな種類がある?

AGAの薬はM字型脱毛に効く薬、プロペシアなど、服用するタイプの薬と、ミノキシジルなどのような頭に直接つける薬の二種類があります。

・プロペシアの効力
AGAの薬、プロペシアの主な成分である、「フィナステリド」は世界でたった一つの服用するタイプの育毛剤として、その効力が広く認識されています。この薬の及ぼす作用はとてもシンプルでわかりやすいものです。

体の中で異常な量分泌されるテストステロンが、ジヒドロトステロンに変化することで、脱毛は進ものですが、そのときに必要とされる、5α‐還元酵素Ⅱ型を邪魔する働きをするので、結果として脱毛を防ぐことが出来るのです。

実験データによれば、プロペシアは一年もの間使い続けると確実に効果があるようでした。その効果がまるで見られなかった人はわずかだったのです。

・ミノキシジルの効力
ミノキシジルは頭に直接塗る薬です。これは研究途上、腕の気が自然に濃くなっていたことから発見された薬です。アメリカの正式な薬として認められています。

この薬の効力は、血の流れを好くすることで、行くもうすることです。この薬は先程のプロペシアと一緒に使うことで、更に効力を発揮します。

髪の毛を生えさせる薬として、この薬以上の者は現在発見されていません。

とはいえ、どの薬もそれなりの結果が出てくるまで、時間を要します。最低で六カ月から一年は使い続けて下さい。

それに誰もに効果があるわけでもありません。人によって、違いは大きいようです。

副作用もあるため、使用には医師の指導が不可欠です。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問