AGA遺伝子検査

AGAの治療の効果はどれくらいあるのか?

AGAは進行していく抜け毛、硬い毛が柔らかくなり、向けていく髪の毛が増えていって、神の量が全体に減っていく症状です。髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまい、細くて短い髪の毛ばかりになって、全体的に髪の毛のボリュームが減るのです。

AGAにおいて飲む必要のある薬はプロペシアは、そのように日々進んで行く抜け毛を予防する効果があります。

あるいは毛母細胞と呼ばれる働きを活発にさせるミノキシジルを中心に、ストレス、あるいは出来るだけ健康的な生活を掛けたりして、身体に必要な栄養素を多く取ることで、髪の毛の発育を促します。

髪の毛を発育させる効果のミノキシジルは、髪の毛が抜けることを予防するプロペシアと違い、直接的に毛根細胞に効果があって、神の発育を促すのです。

AGAの薬を複数取ることについて。

AGAに効果があるプロペシアとミノキシジル。

ヨーロッパやアメリカなどでは、フィナステリドの成分が入っているプロペシアと、ミノキシジル成分の入っているリアップを使うことは普通のことです。

AGAの治療専門の病院では、AGAや髪の毛の問題に関して、市販で売られている者よりも濃度の濃い薬を、それぞれの患者さんの様態に合わせて処方し、プロペシアも一緒に使われているのです。

AGAの治療の期間とその効果例。

使い始めてから三カ月まで。
抜けていた髪の気が減る。産毛が見えてくる。

四か月から六カ月。
産毛が太い髪の毛になる。髪の薄さがなくなる。

六か月から一年
抜けていた髪の毛が減る。生え際が前に出てくる。髪の毛の量が増える。四人に一人は効果を感じる。

一年から三年。
薄さがなくなる。髪の毛の全ての部分に発毛効果。

四年以降。
その髪の毛が維持される。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問