AGA遺伝子検査

AGAの治療法とは?

近頃、話題になっている治療薬、AGA。前立腺の肥大症を治すための研究中、偶然に見つかった薄毛の治療薬です。

AGAの治療が活況を呈してきたのは、「フィナステリド」と「ミノキシジル」という薬の開発に由来しています。AGAとしてたくさんの注目を集めているのは、この二種類の薬剤です。

その二種類のうちの一つ、フィナステリドを主な成分にした薬が、効力を発揮したのが額から薄くなるタイプの薄毛でした。この薬は「デヒドロテストステロン」、すなわち髪の毛を薄くする作用を阻害してくれる効果があり、発毛のリズムを健康的に維持して、抜け毛を減らすのです。

もう一種類、ミノキンジルを主な成分にしたりアップという薬は、頭のてっぺんから抜け始めるタイプの薄毛の治療に効果があります。それはこの薬の成分が血のめぐりを好くしてくれるからです。この薬は頭皮の血行不良を要因とする抜け毛に効力を発揮するのです。
もはやかなり身近な薬と言っていい、プロペシアは飲む薬です。これは飲むことによって効果があり、一方のリアップは直接頭に塗るタイプです。

どちらとも副賞があります。風邪薬が眠くなってしまうように、この二種類の薬もそれぞれ副作用があります。プロペシアには、性欲が減退してしまったり、勃起機能が阻害されたり、あるいは精子の数が少なくなったりします。男性ホルモンの働きが低くなるために、医師の指導が必須です。

一方、リアップは、胸が痛くなったり、同機が激しくなったりします。あるいは、直接塗ったところがかゆくなったりすることもあります。心臓がもともと悪い方や、血圧が高めの方は注意して下さい。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問