AGA遺伝子検査

AGAになってしまう原因は何か?

AGAというのは、額から髪の毛が抜けてきたり、頭の手ペンから髪の毛が抜けて来るのがその特徴です。そのような何がしかの髪の毛の異常は、二十代前後からその兆候が現れ、三十五歳真に出には、四十パーセントもの人々に、髪の毛の異常が見られます。

AGA二はそれ特融の症状があり、額や頭のてっぺんの髪の気が抜けてきて、明らかに髪の毛が薄くなっていくのが、他人からも判明します。AGAになる年齢やその進み具合などは人によって大きな差があります。若い人では十代からその症状がみられることもあります。この病気は、父や母からの影響、あるいは男性ホルモンのバランスの欠如に由来すると言われています。

AGAの要因は男性ホルモンと髪の毛のサイクルが乱れることにある。

AGAの最大の要因とされている男性ホルモン、その男性ホルモンの「テストステロン」の中になる、「5αリダクターゼ」という還元酵素のせいで、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変わり、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結びつくことによって、髪の毛が太く大きくなることを阻害してしまうからだと言われています。

あるいはそれ以外の要因として、髪の毛のサイクルと呼ばれるものが乱れることも挙げられています。

我々の髪の毛は一定のリズムに支配され、毎日成長しています。AGAはそのリズムが乱れることの酔って、起きてしまうのです。

AGAの治療は、医療機関でしか行われていません。もし自分の髪の気もAGAの気配があるのではないかと危ぶまれたら、自らの努力で治したり、そのカカ放置しておくのではなくて、近くの治療機関に通って下さい。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問