AGA遺伝子検査

AGAとは何か?

AGAというのはAndrogenetic Alopeciaを略したもので、男性型脱毛症を意味します。多くの場合、親から受け継いだ体質、あるいは男性ホルモンの作用によって、毛が抜けることによって、頭髪が薄くなることのことです。

AGAの特質は、その毛の抜け方の進行状況によって二つに分けられます。

一つは十代くらいから額の髪の気が徐々に薄くなって、生え際が後ろに下がっていくケース、もう一つは頭のてっぺんから薄くなっていくケース。そしてこれら二つが混ぜって、その状況が悪化していくケース。

額から、あるいは頭のてっぺんから、髪の毛が抜け出ていくわけですが、その原因は毛包がちゃんと成長しないで、髪の毛が本来よりも細いままで、それ以上太くなることが出来ず、抜けてしまうのです。

とはいえ、AGAは本来、髪の毛が抜けていっても、産毛は生え続けます。毛根が残っている限り、髪の毛はこれからもちゃんとした者が生える場合はあり得るのです。決して投げ出す必要はありません。

AGAで悩んでいる方は、この国だけで千二百六十万人、その中でそれを期に病んでおられる方は八百万人、そして何がしかの手段を取ってそれを克服しようと考えている方は六百五十万人ほどだといわれています。

AGAは常に進んで行きます。それをそのままにしておくと、自然に治るどころか、ますます悪化するのです。そう言うわけで出来るだけ、早めに何か手を打つことが必要なのです。

この病気を治すために重要なことは、努力し続けることです。

諦めず、すぐに効果が現れなくても、途中で辞めたりせずに、効果が表れるまで、治療を続けることが重要です。それなりの効果が表れるまでには時間は必要です。

処方された薬を飲み続けることが重要。

一日に一回薬を飲む、あるいは頭に直接薬を塗るなど、ちゃんと処方箋通りに薬を使い続けることが重要です。面倒臭がって、一日おきとか、一日二回のところを一回だけとか、そのように自分の都合で薬の使い方を左右していては治るものも治りません。逆に悪い影響が出ることもあります。そのときはすぐに医師に相談して下さい。

ったりしては、期待される効果は得られませんし、副作用が出やすくなることもあります。

副作用が出たら医師・薬剤師にすぐ相談
どんな薬でも、求める効果以外に胃に不快感があったり、頭皮が痒くなったりと副作用が出ることがあります。

AGAの基礎知識
AGA治療クリニック
AGA治療中の疑問
AGA治療前の疑問